南極漂流者
中国史の五代十国時代をメインとして、なんかいろいろ書いているブログです。
プロフィール

マルコ

Author:マルコ
別館「忙しい趣味」もよろしく。

検索フォーム

カテゴリ

週間ランキング

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

『唐末沙陀「李克用墓誌」訳注・考察』を読んで
 『内陸アジア言語の研究 ⅩⅧ』収録の、タイトルのものを読んでみて覚書などなど。

 李克用と言えば、そのファン、全国に300人はいるだろう、我らがちょい悪スーパーヒーローというのは、今更言うまでもないことですが、中国の歴史としてはさほど珍しいことではありませんが、いわゆる異族、非漢人ということになります。
 この李克用の生きた唐の末期から五代の最初期、さらにはそのあとの分裂期というのは、中国史的には重大な「唐宋変革」の時期であり、意外や意外、この時期の中国をたいへん賑わした彼ら、「沙陀」についてはそれほど多く研究されているわけではなかったらしい。
 その一番大きな理由が、例の「唐宋変革」つまり中国の変革時期ということで、その構造変化に興味が集中したためだそうです。ふつう歴史の概説書であれば、政治体制の変遷や文化などに筆を置きがちですし、五代関連の書籍は唐かあるいは宋にひっついているのが現状です。単体では見かけたことがないくらい…

 ま、それはこの際置いといて… 内容のほうを。


[Read More...]

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

▲TOP
【後唐】趙徳鈞(ちょうとくきん)/李紹斌(りしょうひん)
 後唐時代の雄藩幽州盧龍軍を、10年の長きにわたり任されたという、異例の好待遇で報われた男、趙徳鈞。その列伝を追ってみた。
 しかしまぁ。とんとん拍子の出世ぶりと、急落する末路は、なかなかに波乱万丈なお方だ。後唐と契丹をうまく天秤にかけて漁夫の利を得ようとしたのだろうが、いやいや、まだまだ。こすからいことやってるから一流にはなれんのかね。
 というか、この時期こんなヤツばっかでワロス。


[Read More...]

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

▲TOP
【後唐】張敬達(ちょうけいたつ)
 中国五代時代の後唐末期(西暦936年)、石敬瑭が太原で叛旗を翻し、その討伐に向かった将、張敬達を書いてみました。
 とくにこれといった目の覚めるような名将とかいうのではないのですが、契丹軍の南下をぎりぎり受け止めていたりしているし、この人が副将に殺されたことから、後唐の命運は一気に縮まった、というような象徴的な位置にある人なわけです。
 幼名が「生鉄」。きっと精神力も鉄のような人だったに違いないっっっ!!(でもナマか…w)

 ということで、以下、その伝。


[Read More...]

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

▲TOP

Twitter

ブログランキング

FC2Blog Ranking

ぽちっとお願いします

群雄堂書店

jouun_04.jpg
群雄堂書店から出品していますオリジナル小説です。
内容の紹介と通販はこちらへどうぞ。

必読!!

【送料無料】朱温(上) [...

【送料無料】朱温(上) [...
価格:945円(税込、送料込)

【送料無料】李嗣源(上) [...

【送料無料】李嗣源(上) [...
価格:861円(税込、送料込)

【送料無料】耶律徳光と述律(上)...

【送料無料】耶律徳光と述律(上)...
価格:819円(税込、送料込)

【送料無料】密使西へ翔る ...

【送料無料】密使西へ翔る ...
価格:630円(税込、送料込)

【送料無料】趙匡胤 [...

【送料無料】趙匡胤 [...
価格:780円(税込、送料込)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード